楽にスッキリ暮らしたい

湘南・辻堂の整理収納アドバイザー・佐藤ようこです。楽にスッキリが続く家づくりのアイデア帳。北欧デザインの話も。

整理収納サポート/風通しのよいクローゼットに

\ラクにスッキリが続く/

神奈川の整理収納アドバイザー、佐藤ようこです。

 

2020年整理収納アドバイザー1級取得、2021年起業。

元・北欧雑貨店スタッフで、一児(1歳息子)の母。

見た目だけは整えたい、かっこつけ屋のめんどくさがり。

整理収納の理論を学んだことで、「開かずの部屋に物をつっこむ」だけの収納から卒業しました!

プロフィールはこちら

 

- - - - - - - - - -

 

現地訪問お片付けサポートに行ってきました!

今回のご依頼は「クローゼット」のお片付け。

お洋服が大好きなお客様。

お一人暮らしですが、寝室クローゼットの他に、廊下の物置き部屋にも引き出しを設置して、お洋服用のスペースを確保していらっしゃいました。

作業の様子をまとめておきます。

 

現状

お客様は以前クルーズ船で世界一周をされたこともあり、ドレスやストール類もたくさんお持ちでした。

現在お出かけするのは、ワンちゃんのお散歩とヨガ、ゴルフくらい。着なくなった服もたくさんあるとのことでした。

 

ヒアリングの段階で、「できるだけお洋服を減らして、寝室クローゼットにすべての衣類を集約できるようにしましょう」と方向性を決定しました。

 

f:id:pamplemousse0:20210520103833j:plain

f:id:pamplemousse0:20210520104001j:plain

作業

作業はいつものとおり、まず全出しから始めます。

客室とベッドの上に次々と運び込まれる衣類…

f:id:pamplemousse0:20210520104802j:plain

f:id:pamplemousse0:20210520104829j:plain

これらを以下のようにジャンル・使用頻度で仕分けていきます。

「シーズンオンの服」

「シーズンオフの服」

「おしゃれ着/冠婚葬祭」

「スポーツ」

「もう着ない服」

その中でもう着ない物については、「売る」「捨てる」「あげる」と仕分けをして、どんどん大きな透明袋に詰めていきました。

 

初めは「もう着ない…けど取っておく」と仰ることが多いお客様でしたが、作業を進めていくうちに「うーん…いらないか!」

手放すスピードがグングン上昇。

「隣に居られると、捨てなきゃっていう気分になるわ~」とのこと… 

f:id:pamplemousse0:20210520113721j:plain

空っぽになったクローゼットと物置きを掃除し、引き出しを設置します。

f:id:pamplemousse0:20210520115800j:plain

シーズンオンの物から、扉を開けて正面の、手に取りやすい腰高の位置(ゴールデンゾーン)に収めていきます。

f:id:pamplemousse0:20210520100533j:plain

普段着はカジュアルな物が多いお客様でしたので、Tシャツやしわにならない衣類を引き出しの中にざっくりと収納。

畳むのは面倒と仰っていましたので、ハンガーを使い、かける収納も併用することにしました。

そして右手にお出かけ着、奥に冠婚葬祭用の服を収納しました。

シーズンオフの服や小物類は上段に。後日サイズの合うボックスをご案内するお約束をし、お持ちだったカゴにとりあえずしまいました。

(後日、上段に置くおすすめの収納ボックス(IKEAのSKUBB/STUK)をLINEでご案内したところ、「すごく使いやすい!」と買い足されていました♪)

 

このように、よく使うものから使いやすい位置に、順に収めていくのがポイントです。

 

廊下の物置きには、日用品のストックや普段あまり出番のない客用布団、楽器やスーツケースなどをしまうことにしました。

普段からアクセスすることの多い古紙入れや日用品のストックなど(今までは床に直置きされていました)を使いやすい腰高の位置(ゴールデンゾーン)に配置。

「かがまずに手が届くようになり、とても快適」と仰っていただきました♪

 

約4時間半で作業は終了です。おつかれさまでした♪

AFTER

f:id:pamplemousse0:20210520103100j:plain

 

f:id:pamplemousse0:20210520110442j:plain

f:id:pamplemousse0:20210520110458j:plain

訪問サポートを終えて

物の総量がとても多く、大変な作業でしたが、最終的にお客様の頑張りのおかげで、計画通りクローゼットに衣類を集約することができました!

 

衣類が家中のあちこちに収納されていると、着たい時に探すのに時間がかかったり、そのうちあることすら忘れてしまいます。

できればシーズンオフの服も合わせて、一か所にまとめるのがおすすめです。

 

持っている服が多すぎて収まりきらない!

なんてこともあるかと思います。そんな時はこんな問いを思い浮かべてみてください。

この服を着て友達に会いたいですか?

この質問、私は結構ズドンと効きました…!試してみてくださいね♪

 

今回のお客様はお洋服がお好きで、特に「大好き」と仰っていたのが美しいシルクのストールの数々…。

以前クルーズ船で世界一周をされた際、船内にたくさんお持ちになっていたそう。

お写真を見せていただきましたが、本当に華やかで素敵でした…。

作業当初はストールのほとんどを取っておかれていましたが、作業が終了した後日「やっぱり大半をリサイクルショップに持って行ったの」とご連絡くださいました。

綺麗な状態のまま手放されたことで「2万円以上で買い取ってもらったの」と晴れやかな笑顔でした。

すっきり風通しのよいクローゼットで、お洋服を選びやすくなったとのこと。

今の自分に本当に必要な物を厳選して手元に残すことで、暮らしは風通しがよくなります

お片付けのよい影響をまた改めて実感できた訪問サポートでした。ありがとうございました♪