楽にスッキリ暮らしたい

湘南・辻堂の整理収納アドバイザー・佐藤ようこです。楽にスッキリが続く家づくりのアイデア帳。北欧デザインの話も。

小さな目標をクリアする

こんにちは!湘南・辻堂で活動する整理収納アドバイザー、佐藤ようこです♪

プロフィールはこちら♪

 

片付けてみたい気持ちはあるけれど、一歩を踏み出せない理由として、こんな思いがよぎることはないでしょうか?

 

「1箇所だけ片付いても意味がないしなぁ〜」

 

散らかっているところが多過ぎて、1箇所を片付けただけではとても満足できない。

 

かと言って、アドバイザーに依頼して全ての部屋を片付けしようとしたら、ものすごい金額になってしまうし、まとまった時間も確保できない。それに最後までやりきる自信もない…

 

だから、やらない。

 

f:id:pamplemousse0:20210721230252j:plain

 

思うに、それはいきなり目標を高く持ち過ぎているのかもしれません。

 

これは「0か100か」という思考の癖が関わっていると思うのです。

(私自身、この思考によく陥りがちなのですが…)

「何もしない」か、「完璧に片付ける」か。

 

でもね、まずは初めから完璧を目指そうと思わないで、こんな風にもっと自分に優しく考えてみてほしいのです。

 

「引き出し一つだけ、整理すればOK!」

「ひと部屋だけ、綺麗にできたら天才!」

 

たとえば、使いやすい場所にある引き出しを選んで、全部出してみる。

そしてよく使う物だけを吟味して、入れ直してみる。

 

これだけで、びっくりするほど動作がスムーズになります。

f:id:pamplemousse0:20210721113442j:plain

 

また、毎日作業をしているキッチンだけでも片付けば、作業が効率よく進むことで家事の時間が短縮されるかもしれない。見える景色が変わって、楽しく料理ができるかもしれない。

 

そしたら他のところも片付けたいというモチベーションが、むくむくと湧いてくるかもしれないんです。

 

片付けてみた先の気持ちは、片付けてみないと分からないんです。

 

だからまずは小さな目標を立てて、そこに到達することだけを考えてみたらいいんじゃないかな、と思います♪ 

f:id:pamplemousse0:20210721112720j:plain

今日はここだけ!というスモールステップ♪

そこからまたさらに片付けよう!と思うか、もう疲れたからやめよう…と思うかはその時次第。でも小さな目標を達成したことは、無駄にはならないと思うのです♪

 

自分にやさしく、楽しんでみましょう〜♪

 

kogumanokurashi.com